8月31日(土) | ペーニャ・フラメンカ 「カサ・グロリア」

北インド古典音楽の夜

お申し込みの受付は終了しました。
北インド古典音楽の夜

日時・場所

2019年8月31日 19:00
ペーニャ・フラメンカ 「カサ・グロリア」, 〒540-0028, 2丁目-3-16 常盤町 中央区 大阪市 大阪府 540-0028 日本

詳細

北インド古典音楽の夜

8月31日(土) 18:00 開場 19:00 開演

ペーニャ・フラメンカ「カサ・グロリア」

大阪府大阪市中央区常盤町2-3-16 高木産業ビルB1

谷町四丁目駅/堺筋本町駅から徒歩約5分

ヨシダダイキチ(シタール奏者)/ Solid Erectric Sitar

広本雄次(タブラ奏者) / Tablatronics

予約 3,000円 / 当日 3,500円 (1ドリンクつき)

お食事ならびにアルコール類は演奏の前後にお楽しみください

[予約・問合せ] casagloria@live.jp

◎ヨシダダイキチ

インド唯一のシタールの流派であるイムダッド派の7代目 Ustad Shujaat Khan に師事。

ハビタット・センター、インターナショナル・センター、エピセンター、在インド・ジャパンファンデーション、在インド日本大使館などインド各地で演奏活動を行う他、中国、台湾、韓国、カナダ、アメリカ他でも公演。

ボアダムス・YOSHIMIOとのユニット「SAICOBAB」等でも活動。アルバム「SAB SE PURANI BAB」は「2017年聴くべきアルバムTOP15 (米・Rolling Stone)」「2017年ベストアルバムTOP27(英・The Wire)」に選ばれる他、多数のアルバムを国内外のレーベルからリリース。

秋田民謡・梅若会、アルナングシュ・チョドリィ、アリフ・カーン、スダマニ、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、ジム・オルーク、デバシシュ・バッタチャリア、フェルナンド・カブサッキほか多様なジャンルの音楽家と共演。

TV番組「題名のない音楽会」「ムジカ・ピッコリーノ」「ヨルタモリ」他ラジオ番組への出演、映画「マンガをはみ出した男ー赤塚不二夫」エンディング曲参加など多方面で活躍。

https://www.yoshidadaikiti.net/

◎広本雄次

1994年に渡印し、ヒンドゥー教の聖地パラナシでタブラと出会いタブラ奏者Shri Parashram Pandey氏に師事。

インドでの修行と演奏活動を継続しながら1999年より活動の拠点をドイツのベルリンに移す。フュージョンユニット、様々な民族楽器とのセッション、Karnaval der Kulturen等のフェスへの出演、DJとのコラボレーション、コンテンポラリーアートへの楽曲提供などの活動。

2003年より拠点を日本に戻し、様々なジャンルのユニットに参加し、現在もセッションを重ねている。

精神性を表現するかのような古典的なタブラビートからエレクトロニカ的なミニマムグルーヴまで、自由な発想でリズムを創造。

関西を中心に積極的なライブ活動を行っている。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア