4月01日(水) | ハコギャラリー

[開催延期]トークライブ!『世界無形文化遺産フェスティバル2020』

お申し込みの受付は終了しました。
[開催延期]トークライブ!『世界無形文化遺産フェスティバル2020』

日時・場所

2020年4月01日 19:30
ハコギャラリー, 日本、〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目1−4

詳細

**********************************

当イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から開催延期となりました。

後日改めて開催させていただきます。

**********************************

期日:4/1(水) 19時open 19時半start 

会場:hako gallery    東京都渋谷区西原3丁目1-4 2F

    小田急線/千代田線[代々木上原駅]より徒歩約5分

定員:40名 料金:2,000円(乾杯用日本酒1杯付)

※会場販売のビールあります

※ソフトドリンク持込可(ゴミはお持ち帰り下さい) 

予約: http://bit.ly/200401_talkwfes

または hako galleryへ 

ーーーーー 

世界各地に伝承されている民族芸能。 それぞれの自然環境や生活の中で育まれ、伝えられてきた特色ある文化遺産です。 

4/18 & 19に日比谷公園で開催予定の『世界無形文化遺産フェスティバル2020』では、日本初披露の芸能を含む世界5大陸6か国の団体と日本の東北より3団体、東京の和太鼓1チームの計10団体が大集結! 現地に行かなければ見るも叶わぬ貴重な芸能を、なんと入場無料で一挙にご覧頂けます。 

◆公式HP  https://wfes.jp/ 

◆観覧申込(3/16〆切) https://wfes.jp/application-form/ 

当イベントでは、このフェスを企画制作をしている全日本郷土芸能協会にご協力いただき、現地調査時の貴重な記録とともに無形文化遺産とフェスの裏話を語り合い、フェスの見方・たのしみ方を応援します! 

当日は、民族芸能どっぷりな現地調査員と共に、『世界無形文化遺産フェスティバルを盛り上げたい!』と、国内外の芸能に精通するアーティストも参戦!調査団withアーティストの両方から、フェス出演芸能を語り合います。また、海外フェスってどうやって開催されていくの?といった、メイキングの部分についてもお聞きします。 

フェス当日に見られるのはステージ上のパフォーマンスのみ。ですが、本来は生活の営みの延長にあるのが民族芸能であり、芸能が育まれた土地や自然など、背景も含めたものこそが「無形文化遺産」の醍醐味です。また、国内芸能として出演する東北3団体からは、被災復興の状況なども共有できたらと思います。 

『世界無形文化遺産フェスティバル2020』の鑑賞がきっともっと楽しくなる!一夜。 是非共に、フェス開催成功と、出演団体の安全な旅を願って、語りましょう!! 

★ トーク(敬称略): 

小岩秀太郎 ※エチオピア・エストニア・トンガの調査メンバー 公益社団法人全日本郷土芸能協会 http://www.jfpaa.jp/ 

久保田裕道 ※ブータンの調査メンバー 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所 https://www.tobunken.go.jp/ 

ヨシダダイキチ シタール奏者・作曲家 https://www.yoshidadaikiti.net/ 

小谷野哲郎 仮面舞踊家・影絵・役者 http://urotsute.com/ 

★ 

※フェスの状況によっては、当日のトーク内容に変更が生じる場合がございます☆彡 

主催:世界無形文化遺産フェスティバルを盛り上げる会 協力:郷土芸能ストリーム(公益社団法人 全日本郷土芸能協会) http://kyoudogeinou.blogspot.jp/

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア