6月19日(火) | hako Gallery

ヨシダダイキチ × レオ

名門アジュラダ流派の7代目 ウスタッド・アクラム・カーンに師事する15歳にしてキャリア10年超、デリー在住のタブラ奏者レオくんとのインド音楽ライブを開催します。
受付停止
ヨシダダイキチ × レオ

日時・場所

2018年6月19日 20:00 – 21:30
hako Gallery, 日本、〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目1−4

詳細

6/19 (Tue)

open 19:00 start 20:00 (~21:30)

3,300yen >>要予約・限定30名<<

*hakoから徒歩10分の幡ヶ谷にある家庭料理が美味しいカフェレストラン jicca のごはん付き

*ドリンク別

*お食事はライブの前後に召し上がって頂きます

Act >>

ヨシダダイキチ (シタール)

レオ (タブラ) from India

Food >>

jicca http://fromjicca.com/

Reservation >>

sitar.yoshidadaikiti@gmail.com へメール

または hako gallery へ直接ご連絡ください

*食事の準備の都合上、予約取消の場合速やかにご連絡頂きますよお願いいたします

▼ レオ Leo

大阪生まれデリー育ち、5歳よりタブラを始めた現在15歳のタブラ奏者。

6歳の時に名門アジュラダ流派の7代目 ウスタッド・アクラム・カーンに出会い8歳で同氏に弟子入りする。

2016年、インド最古のインド古典音楽祭 第141回ハリヴァッラブフェスティバルにてタブラ部門優勝。

オール・インディア・ラジオ、国営ラジオ放送「チョーテーウスタッド」、ドルダルシャン(テレビ番組)、インド国際見本市、アーユルヴェーディックカンファレンス、インド国際映画祭など、他、寺院・学校などでも演奏活動を行う。

日本語、英語、ヒンディー語の3ヶ国語を流暢に話すし、現在フランス語を勉強中。

このイベントをシェア